50代プライベート用メンズベルト

良い意味での「年相応」を!

50代を迎えた男性は、落ち着いたファッションを選びがちです。あまり若い格好をして周りから冷ややかな目で見られることを、恐れるからです。しかし、年齢を気にしすぎるのは良くありません。若々しく見える50代男性は、素敵です!あまり年齢の枠からはみ出しすぎない程度に若い格好をすることは、おしゃれの基本です。ベルトもパステルカラーや白は50代から敬遠されがちですが、ファッションによっては格好良く着こなすことができます! いつも黒いベルトをしておけば無難と考える50代は多いです。しかし、そこからおしゃれで活力のあるイメージはわきません。全体で見てバランスが悪くならない程度に差し色を入れることができれば、体の真ん中で全体を引き締める効果が、ベルトにはあります。

複数本を持つことがコツ!

ベルトが1本だけとか、黒とこげ茶色の2本持ちだと、ファッションに幅は生まれません。例えば、薄めの茶色と白っぽいベルトを持っていれば、ファッションに合わせて選ぶことができます。50代でもベルトを日によって交換するだけで、周りからおしゃれと見られます。気をつかっていることもアピールできるので、若い世代からも好感をもたれることが多いです。全く同じファッションでも、ベルトを交換するだけで違うイメージになるから不思議です。色々とパターンを出かける前に試してみて、客観的に確かめてみると良いです。ベルトをファッションの一部と捉えることになれば、こんな色が合うのではないかとアイディアが出てきます。それに合わせて新しい1本を購入するのもオススメです!