40代におススメなビジネス用ベルト

年齢に見合ったベルトを!

40代にもなると、落ち着いた雰囲気が求められます。若いビジネスマンなら少々派手目のものや、柄にも凝ったようなベルトをつけがちです。それでも、若い人なら自然な見た目になるため良いのですが、年齢を重ねてくると、そこに知性やどっしりした雰囲気が欲しいところです。 かといって、あまり年寄り風のものをつけるのも良くありません。年齢や自分のキャラクターに合ったベルトを選ぶセンスが問われます。40代でも年齢よりも若く見える人もいれば、逆の人もいます。不自然にならない程度に幅を持たせることは大切ですが、あまり枠からはみ出してしまうと全体のファッションの統一感が損われることもあるので、注意が必要です。細すぎたり、太すぎたりならないように、太さのバランスも大切です。

色味などにも気を使う

キャリアを重ねた、洗練されたビジネスマンとしては、ファッションに無頓着なイメージは避けたいところ。統一感のないベルトをつけることで、全体のバランスを損なっている人は意外と多いです。まず気をつけたいところが、靴とのバランスです。
靴が黒いのにベルトが茶色では、統一感が出ません。ベルトの色味と靴の色で調和がとれれば、バランスよくビジネスファッションを着こなしているイメージが生まれます。黒い靴には黒いベルト、茶色い靴には茶色というような、少しの気遣いがあると良いです。

ベルトは1本だけで済ませるのではなく、最低でも2本は欲しいです。見ている人は見ているので、ベルトをファッションに合わせて交換していることがわかれば、さりげない気遣いができる人と仕事にも好影響を与えます!